大人の矯正(成人矯正)

大人になってからでは矯正できない?効果がない?

いまだに、「子供がするもの」というイメージが強い歯科矯正。幼少期は、歯の生え替わりの時期にあたること、身体が成長途中であることが、「歯科矯正=子供がするもの」というイメージを強くしているのかもしれません。また日本という国自体が、他の先進国に比べて、きれいな歯並びへの意識が低いこともその原因です。
しかし実際は、大人の方が子供より歯科矯正の効果が薄い、治療期間が長くなる、ということはありません。むしろ早く治療が終わるケースもあります。
基本的に、いくつになっても歯科矯正は可能です。目立たない矯正装置や、比較的短期間で矯正が可能なケースもありますので、少しでも気になっている方は、ぜひ一度ご相談ください。
また、当院では、その美しさと機能性、ブラッシングのしやすさを長持ちさせるため、インプラントや被せ物の治療の前に歯科矯正を行うこともできます。これは、結果的に歯の寿命そのものを長持ちさせることになります。

意外と知られていない、歯科矯正の効果

歯科矯正を行うと、どんな効果があるでしょうか?

1.顔だちの変化

口腔内は、当然のことながら立体的な空間です。当院の歯科矯正では、上下左右、そして前後のバランスを考慮して治療を行います。

隣の歯に押されて前方に出ていた前歯がきれいに収まることで、特に顔を横から見たときに変化が表れます。鼻から顎のラインが、すっきりして見えます。

2.かみ合わせ改善

私たちが食事をするとき、喋るとき、上下の歯が上手くかみ合っていないと、当然その機能性が落ちてしまいます。極端に言うと、歯が全て隙間なくきれいに並んでいたとしても、上下で数ミリずれていればうまく噛めませんね。
当院では、ただ歯をきれいに並べるだけでなく、「かみ合わせを考慮した歯科矯正」を行っております。
食べ物をしっかり噛めると、胃腸への負担が軽減されると同時に、栄養の吸収効率にも良い影響を与えます。ストレスの軽減にもつながり、全身の健康のためにも、かみ合わせは大切な身体の機能です。
※当院では、美しさばかりを追求するのではなく、機能性の向上にも重きを置いております。積極的にかみ合わせ治療の研修に参加しており、最新の知識・技術を含め、患者さまに合った治療を提案することができます。

3.ブラッシングがしやすくなる

患者さまに見逃されがちな効果がこれです。歯がきれいに並ぶことで、口腔内の凹凸が少なくなり、ブラッシングがしやすくなります。また、歯間に食べかすが詰まりにくくなりますので、むし歯や歯周病の予防にも効果的です。

選べる矯正装置

表側矯正

歯の表側にブラケットを取り付け、そこへ通したワイヤーで力を加え、歯並びを調整するのが「表側矯正」です。「唇側矯正」と呼ばれることもあります。
裏側矯正(舌側矯正)やインビザライン矯正などの新しい選択しも増えましたが、さまざまな症例に対応でき、効果の高い表側矯正は、今も重要な矯正方法の1つです。

メリット

長い年月を重ねて洗練されてきた治療法ですので、症例の数は多く、また多岐に渡ります。難症例であっても、ほぼ確実に歯を動かせるメリットもあります。

裏側矯正やインビザライン矯正と比べると、費用面で患者さまのご負担の少ない方法だと言えます。

※少しでも目立たないようにするため、一般的に金属製である矯正装置を、白やクリア色でお作りすることもできます。

裏側矯正

矯正治療において、一般的に歯の表側に取り付ける「ブラケット」や「ワイヤー」といった装置を、歯の裏側に取り付けて治療を進めるのが「裏側矯正」です。基本的には、表側矯正と同じ構造の装置を、歯の裏側に取り付けるだけなのですが、裏側矯正には高い技術力と経験が不可欠です。凸凹が多く、見えにくい歯の裏側への装置の取り付けは、熟練の技術と積み重ねてきた経験数がものを言います。」
「舌側矯正」とも呼ばれます。

メリット

歯の裏側に取り付ける装置ですので目立ちにくく、治療中も気にすることなく口を開けられます。装置が常に唾液に触れているため乾きにくく、衛生的です。むし歯や歯周病リスクの抑制にもつながります。
舌癖の改善、矯正治療後の後戻りの防止も期待できる効果の一つです。

デメリット

歯の裏側に装置があるため、最初は舌があたって喋りにくい傾向があります。
また、通常は表側矯正よりも費用がかかることになります。

マウスピース矯正

「目立たない装置がいい」「食事は装置を外してしたい」「矯正装置の金属アレルギーが心配」「お手入れのしやすい矯正治療がいい」「口内の違和感が心配」
こんなお悩みをお抱えの方にお勧めの矯正治療です。
患者さまの歯の型取りを行い、透明で軽い素材でマウスピースをお作りし、装着していただきます。定期的にマウスピースを交換しながら、歯を少しずつ動かしていく方法です。
当院が取り扱うマウスピースには「インビザライン」「アソアライナー」の2種類があります。

メリット

透明で目立たず、治療中であることが周囲に気づかれることはほとんどありません。食事の際には患者さまご自身の手で取り外していただきますので、装置を気にすることなく食事を楽しめます。ブラッシングの際にもマウスピースは外していただきます。普段通りの丁寧なブラッシングが、ストレスなく行えます。
他にも、発音に支障をきたさない、金属アレルギーの心配がない、通院回数が少なくて済むといったメリットがあるマウスピース矯正は、審美性に優れた、扱いやすい矯正装置だと言えます。

「インビザライン」と「アソアライナー」との違い

インビザラインが治療開始時に型取りとシミュレーションによってすべてのマウスピースを作製するのに対し、アソアライナーは毎回型取りを行ってマウスピースを1つずつ作製します。
インビザラインの方が患者さまのご負担が少ないと言えますが、毎度型取りを行うアソアライナーは、その度にベストな形のマウスピースが作れる点ではより優れているとも言えます。
当院では、患者さまのお仕事のご都合や予算、その他ご希望に合わせて治療法を決めていきます。

部分矯正

「治療に長い期間がかかるのは嫌」「気になる前歯だけ治したい」「少し治すだけなんだから費用を抑えられないかな」
そんな方にお勧めの治療法です。
前歯だけ、一部だけの矯正治療を、治療期間と費用を抑えて行うのが「部分矯正」です。
※大前提として、治療により機能が損なわれる、全体矯正の必要性を歯科医が認めた場合には、部分矯正ができないことがあります。ご了承ください。

メリット

小さい範囲を集中的に治しますので、比較的短い期間で、費用を抑えながら矯正治療を進めることができます。

TEL:078-736-07360 無料相談のご予約はこちら
  • 神戸矯正歯科ガイド
  • 医院日記