歯がガタガタを矯正

叢生とは

顎が小さく歯が大きいことから、歯の生える向きや位置が乱れ、正面から見ると歯列がガタガタになっている状態のことを指します。
乱杭歯(らんくいば)とも呼ばれます。

問題点

かみ合わせがうまくいかず、一部の歯に負担が大きくかかることで、歯の寿命が縮まるリスクが高いと言えます。
また、食べかすが詰まりやすくなり、むし歯や歯周病、口臭の原因となります。これらも、特に長期的に見たときに、お口の健康にとって良くありません。

原因

顎が小さく、歯が大きいと、当然ながらすべての永久歯が生えるスペースが確保できず、叢生になることがあります。
また、乳歯が本来抜ける時期より何らかの理由で早く抜けてしまった、あるいはむし歯のために抜かざるを得なかった、という場合も、そのポツンと空いてしまったスペースに、奥隣りの永久歯が間違えて生えてきてしまうことがあります。
その他の原因としては、遺伝的要素も関係していると言われています。

叢生の矯正

成長期のお子さまの場合、装置により顎を拡大することで歯が生えるスペースを確保することで、抜歯なしの治療が可能です。
また、軽度の叢生の場合、支障のない範囲で歯を削ることでスペースを確保し、歯を移動させる方法もあります。削ったあとは研磨しますので、「むし歯になりやすくなる」「しみるようになる」という心配もありません。
重度の叢生の場合、永久歯を抜歯してスペースを確保し、他の歯を少しずつ移動させて歯並びを良くしていきます。

叢生の矯正のポイント

お子さまの叢生は顎の成長をコントロールすることで、軽度の叢生は歯を少し削って歯を動かすことで、非抜歯での治療が可能なことがあります。
早め早めに歯科医に相談することで、結局は患者さまの負担が軽減されます。定期検診で歯科医に指摘された、ご自身で気になったときには、すぐにご相談いただければと思います。 

TEL:078-736-07360 無料相談のご予約はこちら
  • 神戸矯正歯科ガイド
  • 医院日記