裏側矯正(見えない矯正)

裏側矯正とは

リンガル矯正、舌側矯正とも呼ばれます。
一般的に歯の表側に取り付ける矯正装置を、口を開けても見えない歯の裏側に取り付ける矯正方法です。
裏側矯正は、高い技術と経験が問われる治療法です。「目立たない歯科矯正治療を扱ってる歯医者はたくさんあるけど、どこで治療を受けたらいいのか分からない…」という方は、長く経験を重ね、また現在も積極的に研修等に参加し、最新の知識・技術を取り入れている当院院長に一度ご相談ください。

※当院では、国内メーカー「アバンテック」が製作する裏側矯正装置を使用しております。

裏側矯正のメリット、デメリット

メリット

周囲からの視線を気にせず治療ができる。
人と接することの多い仕事をされている方、矯正装置の見た目が気になるという方には、裏側矯正は適した治療を言えるでしょう。
歯の裏側にブラケットとワイヤーの装置を取り付ける裏側矯正は、外からは見えない構造になっています。周囲に気づかれないように治療を進めることが可能です。

矯正中のむし歯リスクの低減

意外に思われるかもしれませんが、歯の裏側の方が、表側よりむし歯リスクが「低い」ことをご存じでしょうか?
裏側のエナメル質の厚さは、表側の3倍あります。また、裏側は常に唾液に触れており、その殺菌効果は表側より高くなります。主にこの2つの理由により、実は歯の裏側の方が表側よりむし歯になりにくいのです。矯正装置を取り付けた場合でも、これと同じことが言えるのです。
※表側矯正も裏側矯正も、正しいブラッシングケアが欠かせないことには変わりありません。むし歯なしのまま矯正治療を終えられるよう、頑張りましょう。

出っ歯の治療への効果が高い

裏側矯正は、その仕組み上、表側矯正より出っ歯への治療に効果が出やすい方法と言えます。
これは奥歯を固定源にするかそうでないかの違いによるものですが、裏側矯正は、表側矯正と比べて、出っ歯などの前歯を移動させやすい特性があります。「特に前歯の出っ張りが気になる」という方には裏側矯正は効果的と言えます。

食事の際のストレス軽減

表側矯正をされた方が特にストレスに感じること、それは食事の際、矯正装置に食べかすが詰まってしまうことです。
外食や複数での食事はもちろん、大切な約束直前の食事など、鏡で確認できない場面もあるでしょう。また、詰まっていることが分かっても、装置の構造上、舌でつついても取れないことがあります。
歯の裏側に装置を取り付ける裏側矯正なら、食事の際の心配、ストレスはぐんと減ります。

舌癖防止、矯正治療後の「後戻り」リスク軽減

前歯が出てしまっている方の中には、舌で前歯を常に押し続ける「舌癖」をお持ちの方が多くいらっしゃいます。
口を閉じたとき、上の前歯の付け根より1センチほど奥まったところにある「タンスポット」に舌先が収まるのが、正しい舌の位置になります。皆さまはいかがですか? 口を閉じたとき、舌が上の歯の裏側に触れていませんか? そうなってしまう方は、もしかすると舌が歯を押しているかもしれません。
少し難しい話になりますが、歯は、頬と唇が外側から押す力と、舌が内側から押す位置に並んでいます。外側と内側から同じ力で押されることで、歯は正しい位置に並ぶことができるのです。このバランスが崩れると、歯は徐々に動きます。たとえ矯正をしても、このパワーバランスが崩れたままだと、歯は再び元の「正しくない位置」へと動いてしまいます。これがいわゆる「後戻り」と呼ばれるものです。
裏側矯正は、歯の裏側に装置を取り付けますので、舌先が前歯を押す癖を防止します。同時に、装置の幅のおかげで、舌がタンスポットに収まり「正しい癖」が身につきます。
出っ歯を治しながら、出っ歯の原因の1つとなっていた「舌癖」を治し、後戻りを防止できる、優れた矯正方法なのです。

デメリット

舌が装置に触れることに違和感を覚える場合がある

裏側矯正では治療中、舌は常に矯正装置に触れていることになります。また、舌に装置の跡がつくことがあります。
これらの変化に違和感を覚える方もいらっしゃいますが、だいたい2週間ほど装着していると、慣れてきて何も感じなくなる場合がほとんどです。(慣れてくると、舌の跡もつかなくなってきます)
近年は装置の小型化も進み、その機能を維持しながらも、違和感はさらに低減されています。2~3日で慣れてしまった、というお声も多くいただいております。

発音のしづらさ

日本語の「さ行」「た行」、英語の「th」「l」「r」などに、若干の発音のしづらさが出ます。これも慣れてくれば問題なく発音できるようになりますが、たとえば発音をきかれたくないからと言って全く喋らないでいたりすると、いつまでも上手に発音できません。

食べづらさ

これは表側矯正でも生じることですが、裏側矯正を始めると、最初は硬いものが食べにくかったり、違和感から頬の肉を噛んでしまったり、ということが起こります。
これもやはり「慣れ」で改善することができます。

より丁寧なブラッシングが必要

歯の裏側は、表側より凸凹が多いですよね。自分の目で磨き具合を確認することもなかなか難しく、表側より磨き残しが多くなってしまいがちです。
表側矯正にも言えることですが、裏側矯正では、装置を付けている間は特に丁寧なブラッシングが必要です。装置の隙間に食べかすを残したままでいると、ばい菌が繁殖して酸を生成し、エナメル質が破壊され、穴が開き、むし歯になります。

表側矯正より費用がかかる

歯の裏側は表側より複雑な形状をしています。裏側矯正をする場合、患者さま1人1人の歯の裏側の形状に合わせた、オーダーメイドの装置を製作する必要があります。また、見えづらい歯の裏側への装置の取り付け、ワイヤーの調節などにかかる手間と時間を考えると、費用が高くなってしまうのです。

「ハーフリンガル」という選択

上の歯は裏側矯正、下の歯は表側矯正で治療する「ハーフリンガル」という方法もございます。
イメージとしましては、表側矯正と裏側矯正の、ちょうど中間にあたるような治療法です。

  1. 表側矯正と比べると…
    • 上の歯の装置は裏側にあるので、口を開けたときに装置が見えにくい。
    • 費用がかかる。
  2. 裏側矯正と比べると…
    • 下の歯は装置が表側にあるので、口を開けたときに装置が見えやすい。
    • 費用が抑えられる。
    • 発音のしづらさ、舌の違和感は抑えられる。

裏側矯正の現状・実際

「コンパクト化+性能アップ」で患者さまの負担軽減

歯に「ブラケット」を取り付け、そのブラケットに「ワイヤー」を通し、ワイヤーの力で歯を動かす――これが矯正装置の基本的な構造です。
以前のブラケットは、ある程度の大きさが必要であり、また突起している箇所があり、裏側矯正装置による違和感は大きく、歯肉や舌が傷つくこともよくありました。
しかし近年、裏側矯正装置の小型化、安全化が進み、違和感や傷のリスクは大きく軽減されています。ワイヤーの性能も向上し、以前は劣っていると言われた矯正効果も、表側矯正と同等程度にまで引き上げられました。
ただし、いくら負担が軽減されたと言っても、特に矯正治療において、患者さまの違和感は未だ「ゼロ」ではありません。当院では、矯正治療を受けられる方のご負担を少しでも軽減させていくため、正しい技術・知識は積極的に取り入れていきます。

歯科医のテクニックが効果に直結する

矯正装置が進化を遂げているなら、私たち歯科医師の技術もそれについていかねばなりません。矯正治療では特に「歯の動きを予測する能力」が欠かせず、これは残念ながら一朝一夕で身につくものではありません。経験数と、その経験一つ一つの質にもとづき、少しずつ向上していく能力です。
裏側矯正は、表側矯正と比べ、装置の取り付けだけ見ても、非常に高い技術が要求されます。歯の動きに一応の傾向はありますが、その傾向だけを頼りに装置を取り付けると、ときに思わぬ動きをすることがあります。それを防げるのは、積み重ねてきた経験を、いかに次に活かすかを常に意識してきた歯科医です。そして次に活かす技術を磨いてきた歯科医です。
当院院長は、積極的に研修等に参加し、常に最新の知識・技術に触れております。患者さまのためになる、と確信を得られたものを、これまで数多く導入して参りました。裏側矯正につきましても、十分な経験と応用力があります。安心して、受診していただければと思います。

裏側矯正の治療手順の特徴

歯の裏側は、表側と比べたときの形状の複雑さ、作業のしにくさに故、装置取り付けの前段階(装置の製作)も非常に重要な位置付けがされています。

表と裏の違い

歯の表側は、平らな面積が広く、装置が取り付けやすい構造です。
一方裏側は、凸凹が多く、また患者さまによりこの凸凹具合も異なります。装置の取り付け作業、ワイヤーの調整も、難しく、より高い技術が要求されます。

矯正治療の手順の違い

表側矯正の治療の場合、歯科医が患者さまの歯を確認しながら、1つ1つ位置を調整しながらブラケットを取り付けていきます。
一方裏側矯正の治療の場合、取り付け前にもう1つ工程が挟まれます。それが、患者さま1人1人に合った、オーダーメイドの矯正装置の作製です。
患者さまから歯型を取り、その模型に合わせて患者さまの歯に合う、その患者さまだけにしか合わない装置を作ります。これは、ブラケットの取り付けが可能な平らな面積が狭く、また作業のしにくい裏側矯正の治療において欠かせない工程です。熟練の歯科医と技工士が連携を取って、世界に1つだけの装置ができあがるのです。
当院では、すべての技工物を信頼の置ける技工士さんに作っていただいております。

当院で行う「目立たない矯正治療」

裏側矯正(リンガル矯正、舌側矯正とも呼ばれます)以外に、当院で行う「見えない矯正治療」をご紹介します。

インビザライン

ご自身で簡単に取り外し可能の、透明のマウスピース型の矯正装置です。現在まで、世界100カ国以上、420万人以上の方の治療に使われてきました。
患者さまの歯型をシミュレーションソフトに取り込み、カスタムメイドされたインビザラインを1日20時間以上、装着していただきます。2週間ごとに交換しながら、無理なく歯を動かしていきます。

アソアライナー

インビザラインと同じ、マウスピース型の矯正方法です。
インビザラインと異なり、マウスピースを交換する度に歯の型取りを行いますので、その都度ベストなマウスピースを作製できる点で優れていると言えます。
ただし、毎度型取りを行いますので、患者さまのご負担は増えてしまいます。

審美ブラケットワイヤー

表側矯正の治療で使用するブラケットとワイヤーを、白やクリア色にすることで目立たなくします。

TEL:078-736-07360 無料相談のご予約はこちら
  • 神戸矯正歯科ガイド
  • 医院日記