受け口の矯正

受け口とは

下の前歯が上の前歯より前に出ている状態を、受け口と言います。日本人は、人種的に受け口の人が多いという統計が出ています。
「下顎前突」「反対咬合」とも呼ばれます。
ちなみに、正しい咬合(正常咬合)は、上の前歯が下の前歯より2~3㎜前方に位置し、また上の前歯が下の前歯に2~3㎜かぶさっている状態と定義されています。

受け口の矯正

受け口の治療法は、その原因によって変わってきます。
軽度の場合、下の前歯を後ろに収めるためのスペースが必要となりますが、場合によっては抜歯を行うこともあります。
舌癖(舌で歯を押してしまう等)を原因とする場合、歯や顎には問題がないこともあります。矯正装置により下の前歯を奥に引っ込めながら、舌癖改善のためのトレーニングを行います。
また、顎の大きさや位置が原因となる場合があります。下顎が上顎より大きすぎる、上顎が小さすぎる、下顎が前に出過ぎている、といったように分類されますが、それぞれに合わせた適切な治療法をご用意しております。
こういった顎の大きさや位置に問題がある場合には、外科手術が必要となるケースがあります。下顎を部分的に切り取ったり、顎の位置を動かしたりすることになります。

以上のように、受け口に矯正治療は、ときに手術を伴う大がかりなものになります。しかし受け口の審美的ストレス(周囲からの視線、からかい)は大変なものです。それ故、改善できたときの喜びも非常に大きなものです。当院では、そういったお悩みをお持ちの方が、一人でも多く笑顔になれ、思い切り口を開けて笑える、そんな未来を目指しております。
※下顎前突(下顎が前に出ているケース)の外科手術には保険が適用されますので、お気軽にお問合せください。

TEL:078-736-07360 無料相談のご予約はこちら
  • 医院日記