八重歯の矯正

八重歯とは

犬歯が周囲の歯列から飛び出すなどして、隣の歯と重なるように生えている歯のことを「八重歯」と呼びます。
かわいいイメージもありますが、歯列の乱れには違いありませんので、問題点も存在します。

問題点

一般的な歯並びの乱れと同じように、かみ合わせが悪くなったり、ブラッシングがしにくくなることでむし歯や歯周病、口臭の原因となったりすることがあります。
また、口内や唇を傷つけることもあり、口腔環境にとって良いものではありません。

原因

八重歯の原因には遺伝も関係がありますが、後天的なものとしては、顎の未発達が挙げられます。
小さい頃軟らかいものばかり食べていた、噛む習慣づけができていなかった、ずっと口呼吸で過ごしてきた――こういったことが、顎の発達の不十分を招きます。
その他にも、むし歯を原因として乳歯を抜いたときに、本来の生え替わりの順番を乱してしまったことで、永久歯が違った箇所に生え、それが八重歯となることがあります。

八重歯の矯正

同じ八重歯と呼ばれる歯でも、その状態により矯正方法は異なります。
多くの場合、上顎に飛び出た犬歯が収まるスペースが不足していますので、基本的にはそのスペースを確保していくことになります。
1つ目は、装置により上顎そのものを拡大する方法です。拡大によってできたスペースに犬歯を誘導します。この場合は抜歯が必要ありません。ただし、顎の成長が止まっている人への適用は難しくなります。
2つ目は、抜歯によりスペースを確保する方法です。第一小臼歯(犬歯の隣の4番目の歯)を抜き、そこへ犬歯を誘導します。
以上2つの方法は、重度の八重歯のケースです。
軽度の場合には、両隣の歯を少し削ることで八重歯が収まるスペースを作ることができます。
まずは受診されて検査を受け、ご自身の八重歯がどのような状態なのかを知ることが大切です。

八重歯の矯正のポイント

八重歯の矯正は、軽度であったり、顎の成長過程で行う場合には、抜歯が不要なことがあります。軽度のうち、また幼児期に治療を行うことで、負担を軽減することができます。
矯正治療のご相談は「早すぎる」ということはありません。経過観察しましょう、と言われることもありますが、それはタイミングを見計らうということ。いつどんな治療を開始すればいいのか、そのために今から気をつけられることは何なのか、そしてどれくらいの費用がかかるかを、おおまかであっても知っておくことは、長期的に見たお口や身体の健康には大切なことです。
「子供に八重歯があるがどうしようか迷っている」という方も、一度ご相談ください。

TEL:078-736-07360 無料相談のご予約はこちら
  • 神戸矯正歯科ガイド
  • 医院日記