八重歯の矯正

八重歯とは

犬歯が周囲の歯列から飛び出すなどして、隣の歯と重なるように生えている歯のことを「八重歯」と呼びます。
かわいいイメージもありますが、歯列の乱れには違いありませんので、問題点も存在します。

八重歯の矯正

同じ八重歯と呼ばれる歯でも、その状態により矯正方法は異なります。
多くの場合、上顎に飛び出た犬歯が収まるスペースが不足していますので、基本的にはそのスペースを確保していくことになります。
1つ目は、装置により上顎そのものを拡大する方法です。拡大によってできたスペースに犬歯を誘導します。この場合は抜歯が必要ありません。ただし、顎の成長が止まっている人への適用は難しくなります。
2つ目は、抜歯によりスペースを確保する方法です。第一小臼歯(犬歯の隣の4番目の歯)を抜き、そこへ犬歯を誘導します。
以上2つの方法は、重度の八重歯のケースです。
軽度の場合には、両隣の歯を少し削ることで八重歯が収まるスペースを作ることができます。
まずは受診されて検査を受け、ご自身の八重歯がどのような状態なのかを知ることが大切です。

TEL:078-736-07360 無料相談のご予約はこちら
  • 医院日記