すきっ歯を矯正

すきっ歯とは

歯と歯の間に隙間がある状態を指します。「空隙歯列」とも呼ばれます。
乳歯の段階では隙間があるのが普通ですが、永久歯になってもこの状態が続くと問題が起こる可能性があります。

原因

歯が小さい、形が悪い、といった遺伝によりすきっ歯になることがあります。また、遺伝を含むなんならの原因で、ある箇所の歯がそもそも生えない(埋まっている)、ということもあります。
その他、後天的に発症した場合、頬杖、舌癖(舌で歯を押す等)が原因となっていることもあります。

問題点

お口の健康という観点から見て最大の問題点として挙げられるのが、かみ合わせの悪化です。歯一本一本に負荷がかかりやすくなり、最終的には歯の寿命が短くなってしまいます。
また、歯と歯の間に食べかすが詰まりやすくなることで、細菌が繁殖しやすく、むし歯や歯周病のリスクが高まります。物を噛む効率が悪くなりますので、胃腸への負荷も大きくなります。歯間からの空気が漏れやすくなり、発音に影響を及ぼすこともあります。

すきっ歯の矯正

ブラケットとワイヤーを使用した矯正装置で、歯を内側に入れ込み、隙間をなくしていくのが一般的な治療法です。症例によっては、裏側矯正が可能な場合もあります。目立たないことで言えば、マウスピースによる矯正治療も有効です。

すきっ歯の治療のポイント

ブラケットやワイヤー、マウスピースなどの矯正装置による治療以外にも、すきっ歯を改善する方法があります。
前歯の表面を薄く削り、そこへセラミックを貼りつける「ラミネートベニア」による治療、あるいは歯に被せ物をして隙間をなくす治療、隙間にレジンを詰めて隙間をなくす方法などが挙げられます。
歯科矯正による治療以外にも、さまざまな改善方法があるのがすきっ歯です。まずはご来院いただき、治療期間や料金、仕上がりなどのご希望をお伺いし、どの方法がベストなのかを探ることが大切です。 

TEL:078-736-07360 無料相談のご予約はこちら
  • 神戸矯正歯科ガイド
  • 医院日記