本格矯正(表側矯正)

表側矯正とは

歯の表側に「ブラケット」と呼ばれる装置を取り付け、ブラケットに通された「ワイヤー」の力で歯を動かしていく、最も一般的な矯正治療です。
口を開けたときに装置が見えることから敬遠されがちですが、長い歴史を持ちながら、未だ改良を加えられながら使われ続ける確かな信頼性があります。ほとんどのケースに適応できる万能性も特長です。
目立たないブラケットを使用する方法もありますので、そちらもご相談ください。

装置が外から見えてしまいますが、幅広い症状に適応するので、ほとんどの不正咬合を治療できます。
また、審美面のマイナスイメージが大きいですが、装置の種類が豊富で、最近では『審美ブラケット』という白や透明のブラケット、『エステティックワイヤー』という白いワイヤーなどが開発され、目立たないよう工夫されています。

表側矯正のメリット、デメリット

メリット

  • ほぼ全ての歯並びの乱れに適応。
    千差万別の歯並びの乱れに適応しますので、ほぼすべてのケースにおいて治療が可能です。
  • 違和感が少なく、喋りやすい。
    誤解されがちですが、数ある矯正装置の中でも、表側矯正は違和感の少ない治療法です。また、装置が舌に触れることがありませんので、発音もしやすい装置です。
  • 効果は高く、料金は低く。
    古い歴史を持ちながら、未だ現役で使用されています。目立ってしまう欠点はありますが、高い効果が期待できます。また、裏側矯正、マウスピース矯正などと比べると、費用を抑えられます。

デメリット

  • 口を開けたときに装置が見える
    表側矯正が敬遠される原因の一つですが、当院では、白やクリア色のブラケット、白いワイヤーを組み合わせて、目立たない表側矯正も行っております。
  • 装置の厚みが一時的に口元のラインに影響する
    歯の表側に取り付ける装置ですので、使用中は、ほんの少し口元が前に出て見えます。

装置の種類

ブラケットワイヤー

金属のブラケットとワイヤーを使用した、一般的な表側矯正装置です。口を開けたときに目立ってしまいますが、高い効果が期待できます。

審美ブラケットワイヤー

白、クリア色のブラケットを使用することで、目立ちにくくなりました。ワイヤーも白いタイプのものに替えることができます。

TEL:078-736-07360 無料相談のご予約はこちら
  • 神戸矯正歯科ガイド
  • 医院日記